読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サカタのブログ

手芸、住まい、そして日々の出来事

あの訃報で思う事

悲しいニュースが2つありました。

 

私の中で舞台の方というイメージが強いですが、テレビドラマや映画で拝観していました。

昔お見かけしたことがあって、それもちょっと変わった状況だったのでよく覚えています。

 

10数年前の事。

大阪梅田の駅ビルの中にある、讃岐うどん屋さん。

今は超がつく有名店ですが、その頃は界隈で人気の店という感じでした。

古いビルの細長く狭いテナント、カウンターのみの10数席。

女性一人でもさっと入って食べれるので、好んで行っていました。

 

平日のランチ時は並ばないと入らないのですが、その日は行ったのが14時を過ぎていたのですぐに入れました。麺がなくなり次第閉店するのと、オフィス街に近いので外れた時間に来る人は少ないんだろうと思います。

 

先客は男性2人組だけで、少し席を空けて座りました。

出てくるのを待っていると男性客の方にうどんがきました。

あるメニューを頼むと店主が食べ方を教えてくれるのですが、

(うどんなのに食べ方って何?って感じですが、薬味ののせ方、かける醤油の量、さらに箸で2本持ち上げて、さっと食べ!というアドバイスがあります。)

いつものようにおっちゃん説明してるなぁと思いふと目をやると、説明を受けていたのが平幹二朗氏(と案内人?)だったのです。

 

芸能人に会えば大抵驚きはしますが、あの時はあまりのオーラに固まってしまいました。

すごいもの見た感が半端なかったです。

ご本人はおっちゃんの説明をふむふむと聞いて、言われた通りに食され、うまいうまいとおっしゃってました。

 

なんだかピュアな人。

それはまるで下々の店に連れてこられた王様、のようでした。

 

っていうか店のおっちゃんはあの平幹二朗相手にいつも通りの説明するってなかなかやなぁ。

 

あの日のうどんは食べた気がしなかった。

 

 

  • ピート・バーンズ氏 急死

80年代、洋楽を聴き始めた頃、TVから流れたあの映像に衝撃を受けました。

 

唯一無二の存在。

 今年はデヴィッド・ボウイ、プリンスときてこの方まで。 

 

f:id:savaxxxx:20161026143401j:image

心よりご冥福をお祈りいたします。