サカタのブログ

手芸、住まい、そして日々の出来事

家を建てる【回顧録】 〜土地を買う〜

以前の続き。

 

savaxxxx.hatenablog.com

 

 

土地探しが難航している中、情報は意外なところからもたらされました。

 

建築士さんが以前に手掛けた物件の施主様が、私たちが土地探しをしていることを知っていてくださって、そちら経由で情報が入ってきました。少し予算オーバーでしたが不動産会社へ連絡しました。先に名乗りを上げている方が1組いて交渉が終わるのを待つ状態になりました。

その後、先客は交渉不成立となり私たちの番に。少々の値下げ交渉をした後に成約となりました。

 

f:id:savaxxxx:20161028102314j:image

 

土地探しはアラサー女子の婚活に似てるところがある。

 

遅い結婚をした私。

30歳が近づいた頃から出会いがない出会いがないとボヤいていた時期もありました。

そんな時、2つ歳上の姉の友達が婚活していて、とにかく周りの人に「いい人いないか探してる」と明るく言っていたら、妹さんの大学の教授が自分の息子と会ってみないか?とお見合いを持ちかけてくださり、その縁で結婚した話を聞きました。

(その方の妹さんは大学の先生にまでお姉さんが婚活中だと話していたと思うと・・・?)

 

出会いを待つのではなく、ただ闇雲に合コンや婚活パーティーに行くだけではなく、アンテナを張りそれを『周囲に知らせておく』こと。すると思わぬところから縁が舞い込む場合がある。

でもこの『周りに知らせておく』って部分が意外と出来ないんですよね。

婚活をしてることが表に出せなかったり、逆に必死すぎると周りもひいたりするし。でも自分1人でできることって小さくて、他の人に手伝ってもらえるととても広がるんですよね。

 

私はこの話を思いながら、土地探しを話のネタとしていろんな人に話しました。

大抵もたらされた情報は残念ながらそれはちょっと違うのです?ってことが多かったですが、情報主には感謝を伝え次の情報を待ちました。

 

上手に周囲に甘えて、次は自分たちが誰かの役にたてたらいいなぁ。

 

ちなみに現在建築中の家は見学受付中です‼️

よかったらお声をかけてくださいね。