サカタのブログ

手芸、住まい、そして日々の出来事

ちゃんとたべなさい

イチローばりに朝カレーにしたのはいいけど、残りを処理しようと食べ過ぎてしまって、全然体に良くない感じのサカタです?

 

好きな絵本を見つけました。

娘たちではなく、私が。

 

『ちゃんと たべなさい』

ケス・グレイ/文 ニック・シャラット/絵 よしがみ きょうた/訳

 

まめがだいきらいなデイジーとママの駆け引きが徐々にエスカレート。

最後はちゃんと仲直り?。誰だって1つや2つ苦手な物ってありますよね。

 

2歳の次女はカラフルな色使いに惹かれ、4歳の長女は『私がデイジーなら』『パパがデイジーなら』と想像して楽しんでいます。

私はこのママの大胆な提案力が好きなんですが、ただ1つ問題点が・・・。

 

音読すると、とても疲れるんです。

 

絵本って音読すると疲れる本がちょいちょいありますよね、カラスのパン屋さんとか。

 

あれは著者がお母さんを困らせちゃえ?っていじわるしてるんでしょうか?

お母さんが困ってると子供は喜びますもんね。

 

チリチリばあさんも、マゴマゴじいさんも・・・

 引用元『からすのパンやさん』

 

ってゆっくり読みゃいいんですが、面白さを求めて早口になって疲れて、著者に笑われてる気分になります、思う壺だと。

 

早く自分たちで読んでくれるようにならないかなぁ。