読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サカタのブログ

手芸、住まい、そして日々の出来事

お菓子作りのセンス

明日は夫の誕生日。

 

前々から長女がケーキを作りたいと言っていました。

とはいえ4歳の長女がするのはデコレーション、焼くのは私。手伝ってもらおうと思ってたのに昼寝しちゃったし。

 

f:id:savaxxxx:20161113144456j:image

 

ここからが長いんですよね〜角立つまで。

 

子供が生まれてからスポンジケーキを1人ではじめて焼いた時「書いてある通りにちゃんとすれば焼けるだろう」と思ってしてみたところ、膨らみませんでした。

書いてある通りと言いつつ、書いてあるグラニュー糖ではなくきび糖を使いましたが、Yahoo!知恵袋にそこは問題なしと書かれていたのでいいかなと思ってました。

 

大阪時代に職場で仲良くなった友人に元パティシエがおり、彼女に泣きつきました。するときび糖で焼くならきび糖を使ったレシピをクックパッド等で探しなさいと。

 

ごもっとも。

 

書いてある通りにしなかった事は反省しましたが、私が後悔したのはなぜお菓子作りを習っておかなかったんだろうということ。

 

お互い食べるのが好きで他の友達も含め何人かで京都でパン屋巡り、神戸でケーキ屋巡り、おうちでピザ、チーズフォンデュ、小籠包など一緒に作って食べていました。編み物も好きだったので、自称手芸部として一緒に編み物もしていました。

それなのにケーキに関してはいつも前日に彼女が焼いてくれたのをいただくばかりでした。

 

あんな身近に先生がいたのにもったいないことをしたなと思いました。

 

それからはきび糖ではなくグラニュー糖で焼く事にしたらそこそこ膨らむようにはなりましたが、いつも粉を入れてから切るように混ぜる時の具合がイマイチわからず、雰囲気でやっています。

 

一度きちんと習いたいなぁ。